Read Article

シャンパングラスってどんな種類がある?~ワイン初心者講座~

シャンパングラス

シャンパングラスってどんな種類があるか知ってますか?

シャンパングラスには大きく分けると
二つ種類がありますあるんですよ。

今回はシャンパングラスの使い分け方も含めて
シャンパングラスの種類についてご紹介します。

sponserd link

ソーサー型(クープ型)とは?

この形のグラスはパーティや
シャンパンタワーを作るときに使うグラスなんです。

見た目も華やかですよね。

でもこのグラス、
シャンパンを注いだときに空気が触れる面が多いので、
気が抜けやすいんです。

なので、おうちやレストランで使うタイプは
フルート型のほうが一般的。

フルート型のほうが
シャンパンが空気に触れる面が少なく済むので
いい状態で最後まで楽しむことができます。

またグラスの底にわざと傷がつけてあるので
シャンパンの泡がのぼっていく様子を
楽しめるようにできているからなんです。

sponserd link

フルート型とは?

フルート型のシャンパングラスには
ざっくりいうと2つの形があります。

スマートなタイプ

このタイプはレストランやワインバーなんかでも
スパークリングワインを飲むときにも使われています。

特にすっきり系のシャンパンやスパークリングワインを飲むなら
この形のシャンパングラス。

もし最初の買うシャンパングラスを迷っているなら
このタイプのグラスがお手頃でおすすめ☆

あと、ワインはグラスによって味が変わるので
シャンパングラスもちゃんとした
ワイングラスのメーカーから買うといいですよ!

スマートなタイプのシャンパングラスを買うならこちら。

ただこのグラス、
基本的にどんなシャンパンでもOKなんですが、
下に書いてあるシャンパンを飲むときは
ふくらみのあるタイプのほうがいいんです。

ふくらみがあるタイプ

ふくらみがあるタイプのグラスは
ヴィンテージシャンパンのような熟成したシャンパンや
香りにふくらみがある芳醇なタイプのシャンパンに使います。

このグラスはすっきり系のスパークリングワインよりも
「香りをもっと楽しみたい!!」
という人におすすめ。

「いいシャンパンを飲みたい!」
「スマートなグラスじゃ物足りない!」

っていう気持ちになったら
この形のグラスを買い足すといいでしょう。

すごく違いが分かると思います。

もし最初からスパークリングワインよりも
シャンパンをたくさん飲むなら断然こっちがオススメです。

ふくらみがあるタイプのシャンパングラスを買うならこちら。

ぜひいろいろ見てみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top