Read Article

シャンパングラス、ワイングラスの持ち方!~ワイン初心者講座~

スパークリングワインと干しぶどう

ワイングラスの持ち方って気になりますよね。

いろんな持ち方をしている人がいて
どれが正しいのかよくわかりませんよね。

今回はそんなワイングラスの持ち方についてご紹介します。

sponserd link

シャンパングラスの持ち方

シャンパングラスは脚の部分(スティム)をもちます。

グラスを人差し指と親指で支え、中指を添えるようにもつと
見た目もエレガントで綺麗に見えますよ。

カップの部分を持ってしまうと
シャンパングラスの場合は体温が伝わって
気が抜けやすくなってしまいます。

最後まで美味しく飲むためにも
シャンパングラスは脚の部分をもってあげてくださいね。

ワイングラスの持ち方

ワインの見た目や香り、味を楽しむ場合

ワイン自体を楽しむ場合は、
シャンパングラスと同じくグラスの脚の部分を持ちます。

これはカップの部分を持つと
体温が伝わってしまってワインの味わいが
変わってしまうからなんです。

なので、ソムリエさんは
必ずグラスの脚の部分を持ってテイスティングをします。

逆に体温を伝えたいとき、
例えばワインセラーや冷蔵庫から出したばかりで
ワインが冷えすぎていたときや
ワインの温度を上げたいときは
温めるために両手でカップを包むといいですよ。

sponserd link

カジュアルなシーンやパーティの場合

映画や外国のパーティのシーン、
カジュアルな場面では
グラスのカップ(ボウル)部分を持っていたりします。

このちょっとワイルドな持ち方もOKなんです。

大ぶりなグラスではこの持ち方はできませんが
パーティの場合はだいたい小ぶりなグラスです。

パーティに出席する場合は
こちらの持ち方が正式なマナーと覚えておくといいですよ♪

結局どれが正しいの?

シーンによって使い分ける、というのが正しいようです。

なので社交の場ではボウルの部分をもつ、
ワインの味を楽しむ席ではグラスの脚を持つ、
というように使い分けてください。

ただワインのマナー講座などにいくと、
脚の部分を持つと教わります。

これはワインのテイスティング上の問題だったり、
見た目が綺麗に見えるかどうかの問題です。

個人的には女性の場合はグラスの脚の部分を持つ持ち方
のほうがオススメです。

脚を持ったスタイルのほうがエレガントに見えますからね☆

特にデートの場合はこのほうがいいかんじです!

おそらくワインの味を楽しみながら食事をすると思うので
相手からどのように見えるかも
気にするとGOOD!だと思います☆

ワインを楽しんでくださいね♪

ワインのレストランでのマナーが気になる方へ

こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

ワイングラスで乾杯するときのマナーって?~ワイン初心者講座~

ワイン初心者のためのレストランでのワインの選び方!4つの単語でスマートに♪

追記

コメントを頂いたのですが、
カップの部分を持つのが国際的なマナーです。

ただワインの温度変化が気になる場合はスティムを持ったほうが◎
ワイングラスもいろいろな形があるし、結局は持ちやすいほうをもったらいいんじゃないかと個人的には思います☆

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ステムを持つのはテイスティングのときに限ります。
    普段もステムを持つと思っているのは日本人だけですよ。
    国際的なマナーではありません。

    • noah様
      コメントありがとうございます。
      そのように記事内容を修正いたします。
      もし他にもお気づきの点があれば、教えてください。

      よろしくお願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top