Read Article

シャンパンの保存で開封後の保存期間や保存温度保存方法は縦横どっち?

「シャンパンやスパークリングワインを開けたけど
1本は1日で飲み切れない・・・!!」

「1本飲むつもりだったけど、
今日はこのへんでやめとこうかな。
でもシャンパンの炭酸が抜けてしまう・・・!!」

「スパークリングワインを開けたけど
最後のほうは気が抜けてた(><)」

なんて理由で困ったことはありませんか?

今回はシャンパンの開封後の保存方法やシャンパンやスパークリングワインを最後までおいしく飲むためのアイテムをご紹介します。

sponserd link

シャンパンの保存は開封後どうしてる?

シャンパンの開封後は
飲んでいる途中も必ずこのアイテムを使います!

それがこの
「シャンパンストッパー」

シャンパンストッパー

私はこのシャンパンストッパーを見たときに
ちょっと感動しました!!

飲んでる途中も
ガスが抜けるのを防いでくれるし、
開けてから次の日も
シャンパンから気が抜けてないんです!!

しかも値段もそんなに高くない。

これは一家にひとつ、
あるとめっちゃ便利です!!

あとでご紹介しますね♪

sponserd link

シャンパンの保存期間は?

シャンパンの抜栓前の保存期間

シャンパンはノンヴィンテージなら
買ってすぐ飲むのが一番おいしいです!

参考記事
シャンパンのヴィンテージとは?~ワイン初心者講座~

同じ銘柄でもヴィンテージ、プレステージと呼ばれるシャンパンなら熟成期間と同じ期間だけおいてもいいと言われています。
(目安:ヴィンテージは3年~5年、プレステージは7年~10年)

ただし、これはシャンパンの保存が
ワインセラーやワインカーヴなどのきちんとした状態で保管できるなら、という前提条件付きです。

もしそういう環境にないなら、
すぐ飲んでしまったほうが劣化のリスクは避けられます。

シャンパンの抜栓後の保存期間

抜栓後のシャンパンの保存期間は
シャンパンストッパーやシャンパンセーバーで
きちんと栓をした状態で2~3日が美味しく飲める限度です。

シャンパンストッパーなどの栓がなかったら
必ずその日のうちに飲み切ったほうがいいです!
(おそらく飲んでいる途中で炭酸が抜けてきます。)

他のワインに比べても結構高価な飲み物なので
美味しく飲めるうちにぱっと飲み切っちゃってください☆

シャンパンの保存温度は?

シャンパンの保存温度は10℃~12℃の冷暗所が適しています。
ただ冬ならともかく、ワインセラーがない普通の家で温度が一定なこの環境を準備するのって難しいですよね。

冷蔵庫で冷やすなら野菜室がおすすめ!
他の赤ワイン、白ワインも野菜室保管がおすすめです。

では、どんな向きで保存するのがいいんでしょうか?

シャンパンの保存方法は縦横どっち?

シャンパンは他のワインと同様に
コルクの乾燥を防ぐため横にして保存します。

抜栓後はストッパーがあっても
漏れる危険があるので、縦にして保存してくださいね。

おすすめのシャンパンセーバーは?

私が使っているのは
「シャンパンストッパー」と呼ばれるタイプの
単純にガスが抜けないようにしっかりと栓をするタイプ。

今回おすすめするのは
注ぎ口のついてる「シャンパンセーバー」

シャンパンストッパーは
注ぐときにストッパーを外さないといけないんですが、
このシャンパンセーバーは銀の金具を移動させるだけで、
セーバーをつけたままシャンパンを注げるんです。

これ、かなり便利そうなので
買い足そうか検討しています。

今から買うなら
シャンパンストッパーではなくて、
こっちのシャンパンセーバーがおすすめ!!

おすすめのシャンパンセーバーはこちらで買えます。

ぜひ試してみてください。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top