Read Article

バレンタインのワインにはカロンセギュールを!飲み頃の年は?

カロンセギュールのラベル

バレンタインのワインに
カロンセギュールっていいですねー!!

ただカロンセギュールって
いろんな年(ヴィンテージ)のものが売っていて
どれがいいのかよくわかりませんよね。

今回は今が飲み頃のカロンセギュールと
もし予算オーバーだった場合に
カロンセギュールに次ぐワインをご紹介します♪

sponserd link

カロンセギュールの飲み頃のヴィンテージは?

今が飲み頃のカロンセギュールは
2005年、2006年、2007年カロンセギュールです。

しかも一番のオススメは
2005年のカロンセギュール!

2005年はちょうど10年熟成されていて、
ロバート・パーカーも2015年からが飲み頃だといっています。

2005年はボルドー地方の当たり年ですし
この3つから選ぶなら断然2005年ですね。

2005年のカロンセギュールはこちらからチェックできます。

Amazonでチェックするならこちら。

楽天でチェックするならこちら。

在庫が少なくなってきているので、
どうしてもほしいならはやめにGETしてくださいね☆

sponserd link

カロンセギュールがちょっと高すぎる場合は?

セカンドワイン(セカンドラベル)
というものがあります。

セカンドワインとは簡単にいうと
ファーストラベルになる基準に合わなかったワインに
別のラベルをつけて販売しているワインです。

ファーストと同じ畑で採れたぶどうを
同じ製法で作っているので
味わいも似ています。

お値段もカロンセギュールに比べて安い!

なので、コスパがいいワインとして結構人気なんです。

「カロンセギュールはちょっと高いけど、
どんなかんじのワインなのか体験してみたい!」
っという方にはぴったり☆

ちなみにカロンセギュールには
2つのセカンドワインがあります。

マルキ・ド・カロン

楽天でチェックするならこちら。

Amazonでチェックするならこちら。

ラ・シャペル・ド・カロン

楽天でチェックするならこちら。

Amazonでチェックするならこちら。

この二つは流通経路が違うだけで、
中身はほぼ同じといってもいいでしょう。

こちらも合わせてチェックしてみてくださいね☆

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top