Read Article

シャルドネの(Chardonnay)味と特徴。~ワイン初心者講座~

白ぶどう

シャルドネ(Chardonnay)といえば、
ワインの初心者の方でも
一回は聞いたことがあるのではないでしょうか。

私も一番最初に覚えたぶどうの品種が
この「シャルドネ(Chardonnay)」なんです。
sponserd link

シャルドネの味を覚えたら
白ワインにめっちゃハマると思います!!

それほど虜(とりこ)にしてしまうシャルドネの味って
一体どんな味なんでしょうか?

アメリカ、チリ、オーストラリアなどの
暖かい地域のシャルドネは
コクがありトロピカルでフルーティです。

ジュースのように飲みやすいです。
初めてワイン飲むひとには
とっつきやすいとおもいます。

カクテルや甘いお酒が好きな友人は
ぐいぐい飲んでました。

ただお酒好きの方には
甘ったるく感じたりするかもしれませんね。
sponserd link

一方で、涼しい地域のシャルドネは
軽くてキリっとした酸が特徴です。
お水のように飲みやすい。
辛口の日本酒に似ているかもしれません。

よく魚料理には白ワインといいますが、
生の魚介類に相性がいいのはこの系統のワインです。
銘柄で有名なのは、シャブリ (Chablis)ですね。

ワインのマンガで有名な「神の雫」によると、
特に若いシャブリのほうが
すっきりした味なので相性がいいみたいです。

※若い:年数が新しいもの

定番ですが、生カキとシャブリは最高らしいですよ。

ちなみに、
フランスの有名どころの産地ではコクがあって
香りも味も絶妙なバランスで

万人受けしそうな芳醇な味わいです。

畑の名前がついているような高級なワインは、
香りを嗅いでいるだけで幸せな気分になれます。

贈り物にも喜ばれますよ。

シャルドネってワイン初心者から通の方まで
本当に幅広く楽しませてくれる品種なんです。

シャルドネが気になった方は
ぜひ一度試してみてくださいね♪

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top