Read Article

ワインの試飲イベントの楽しみ方~ワイン初心者講座~

ワインの試飲イベントって参加したことがありますか?

まだ行ったことがないのなら、
かなりいく価値はありますよ!!

ワインの試飲イベント

ワインの試飲イベントへの参加をオススメする3つの理由!

①自分の好みを探るのにすごく役立つ!!

②ぶどうの名前を覚える練習になる。

③とりあえずいろいろ飲める!

どうですか?

どれかピンときましたか?

今回は上記のタイプ別にオススメの飲み方を紹介します。
sponserd link

①自分の好みを探りたいあなたへ

①にピンと来たあなたは
ワインをちょっとずつ飲むことをオススメします。

ワインを少なめにもらってください。

ゴクゴク飲まなくても
2口くらいの量で味も香りも結構わかります。

あんまりおいしくないなっておもったら、
遠慮なく残してください。

好みのワインに出会う前に酔っ払うほうが
もったいないので、ここはばっさり切りましょう。

②ぶどうの名前を覚えたいあなたへ

ワインの名前にぶどうの名前が入っているものを選びましょう。

100%そのぶどうで作っているはずです。

ブレンドして使うのがメジャーなものだったら
ブレンドでもいいですよ。

ただし、ブレンド比率が多いものを選びましょう。

同じぶどうの種類を続けて飲むと特徴がわかっておもしろいんです。

私はこういう場では味よりも
ワインの色合いと香りの特徴をつかむようにしていました。

味は間に水を挟んでもどうしても
完全に舌の状態をリセットはできないので
ちょっと前飲んだものに引っ張られてしまうかんじがします。

光にかざしたり、香りを確かめるだけでも
だんだん楽しくなってきますよ。

赤ワインとか白ワインとひとくちにいっても
ぶどうの種類がちがうと色合いも違うんです。

熟成度合いによってもかわるんですが、
いろいろ注いでもらって見比べてみて下さいね。
sponserd link

③とりあえず色々飲みたいあなたへ。

私、最初これでした。

あなたもこれなら、
ちょっと少ないかな、くらいの量でもらいましょう。

なぜかというと・・・

試飲イベントでがぶがぶ飲んでたら、
もったいない!!!
試飲イベントはたくさんの種類を
飲めるのがいいところなんです。

私が最初イベントにいったときは
飲むこと自体が単純に好きだったので、

1杯を結構な量で飲んでました。

だから種類はたくさん飲めなかったんです。

もしたくさん飲みたいなって思ったら、
ボトルで買って楽しみましょう。

試飲イベントではボトルもちょっとお安く
提供してくれたりします。

なんにせよ、楽しむことが一番です。

ワインが好きならとにかくいってみて、
思いっきり楽しんでください(*^^*)

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top