Read Article

温度が決め手!カヴァと料理が合うための条件~ワイン初心者講座~

スペイン料理

最近少しずつ暖かくなってきて
スパークリングワインを飲む機会も増えてきたのではないでしょうか?

私も最近はビールやスパークリングワインを
飲む機会が増えてきました(*^^*)

この間はスぺインバルにいってきました。
そこでカヴァとアヒージョを合わせて見たんです。

そしたらびっくりするくらい合わない!!
最初に思ったのがにんにくの臭み。
カヴァと合わせるとにんにくが勝ってしまうんです。
アヒージョの後に飲んでるのに
カヴァの味がしない。

sponserd link

本当は合うはず!!っとおもって試してみました。

ほかにも合わない原因は何かと
いろいろ考えてみました。
唐辛子の辛味のせいなのか
アヒージョの温度が高いからなのか!?とか。

今回はちょっと特別だったんです。
カヴァやスパークリングワインってだいたい最初の一杯目に飲むものですよね。
いつもならさっと飲みきってしまうんですが、

今回はちょっとゆっくり飲んでいました。
お店で飲むときって最初に頼んだとしても
アヒージョがでてくるまでに
ちょっと時間がかかります。

そうなると飲み物の温度が上がってくるんです。
カヴァも最初にだしてもらったときは
しっかり冷えた状態です。

その時は泡もこまやかで繊細なんです。
ただ温度が上がってくると炭酸が大振りになってくるんですよね。

sponserd link

アヒージョのような特ににんにくの効いた料理と
カヴァを合わせるときのポイントは温度です。

冷たいときの泡のフレッシュなさわやかさが口の中を
すっきりと爽快にしてくれるんです。
リフレッシュしてくれる組み合わせなんですね。

アヒージョのようなにんにくの効いた料理や
唐辛子のような辛い食べ物ってビールにはめっちゃ合うんです。
ビールはもちろんよく冷えた状態で飲みますよね。

だから温度が重要です。
カヴァやスパークリングワインを単体で飲むときも
冷たいときのほうが美味しいですよね。

もちろん料理と合わせるときも
温度に気をつけてみるといいですよ♪

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top