Read Article

ワインの温度の飲み頃はどのくらい?~ワイン初心者講座~

「赤ワインは常温で
白ワインとスパークリングワインはよく冷やして」

こんなフレーズ聞いたことありませんか?

そうなんです、
だいたい合っています。

でも、常温って季節によって変わりますよね。
「よく冷やして」って
一体どのくらいの温度なんでしょうか。

今回はワインの種類と特徴を踏まえて
飲み頃の温度をご紹介します。

sponserd link

赤ワインの温度の飲み頃は?

ワインの温度の飲み頃は?

「赤ワインは常温で」というフレーズは
どこから来たんでしょうか?

ワインはもともとヨーロッパで作られていたものですよね。
だから、「常温」というのもヨーロッパ基準なんです。

ヨーロッパは日本より寒いので
常温よりちょっと冷やしたくらいがちょうどよいでしょう。

具体的には、

重めの赤:13~15℃くらい
軽めの赤:12~14℃くらい

をお勧めします。

赤ワインってあんまり冷やしすぎると、
酸味が強くててすっぱい印象になります。
特に重めのワインはこれが顕著です。
香りも温度が低すぎるとしぼんだかんじになります。

もしも飲んでみて
「冷やしすぎたかな?」っと思ったときは
グラスをゆっくり回してみてくださいね。
sponserd link

白ワインの温度の温度の飲み頃は?

次に白ワインのお話です。

白はとりあえず冷やしてください。
ただ加減があります。

ちょっと年数がたったものや、
芳醇な白ワインは温度は高めのほうが
香りもたっておいしく飲めますよ。

具体的には、

熟成されたもの :10~12℃
スッキリしたもの:8℃

上記を目安にしてくださいね。

ちなみに、
ロゼワインも白ワインと同じような温度が最適です。

スパークリングワインの温度の飲み頃は?

スパークリングワインも白ワインと同じようなかんじです。
ただこれも熟成されたものは
温度が高めの14℃前後
おいしく感じられます。

スパークリングワインも芳醇なものは
香りがすごく豊かなので
ゆっくり味わって飲んでみてくださいね。

ワインって温度ですごく味が変わります。
せっかくなら、
一番おいしい状態でワインを楽しんでくださいね♪

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top