Read Article

シャンパンのブランドブラン(Blanc de Blancs)の意味とは?~ワイン用語集~

「ブラン・ド・ブラン(Blanc de Blancs)」
って聞いたことありますか?

シャンパンを飲んでいると
一度は耳にしたことがあるかもしれません。

今回はブラン・ド・ブランの意味を簡単にご紹介します。

シャンパンのブランドブランの意味とは?

ブラン・ド・ブラン(Blanc de Blancs)とは?

ブラン・ド・ブランとは
白ぶどうだけで作った白ワインのことを言います。
※直訳すると、「白の中の白」という意味です。

sponserd link

もっと具体的に言うと
シャルドネだけで作られたシャンパンのことを指しています。

なぜかというと、
シャンパーニュ地方のシャンパンに使うぶどう品種は

ピノ・ノワール(黒)
ピノ・ムニエ(黒)
シャルドネ(白)

の3種類に定められています。

この中で白ぶどうはシャルドネだけなので、
シャンパンでブラン・ド・ブランといえば、
シャルドネ100%で作られるシャンパンなんですよ☆

なぜ特別な呼び方をされるの?

シャンパンはブレンドして作ることを前提としているので、
シャルドネ100%で作るシャンパンはちょっと特別な存在。

シャンパンはブレンドすることによって
毎年同じような安定した味わいのシャンパンを作るのですが、
単一の品種だけで美味しいシャンパンを作るのは難しいのだそう。
なので、このような”特別な呼称”があるんですね。

sponserd link

私の大好きなシャンパン、
アンリ・ジロー(HENRI GIRAUD)
ブラン・ド・ブランなんです。

初めて飲んだアンリジローは
ノンヴィンテージ(NV)のものだったので、
そんなに高価なものではなかったのですが
ふくよかで胸いっぱいに吸い込みたくなるような香りがしました。

シャンパンにしては手頃な値段で手に入るものを見つけたので
ぜひチェックしてみてくださいね♪

アンリ・ジローのブラン・ド・ブラン(Blanc de Blancs)を試してみる!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top