Read Article

エリカのプロフィール

ブログに来てくれてありがとうございます!!

このブログを書いているエリカと申します。

ここでは私のワインにはまった理由を書いてます♪

出会いはシャルドネの白ワイン!

「よくわからないけど、ワインっておいしいんだな」
っと感じたのはシャルドネの白ワインを飲んでから。

そこから何度か
「香りが全然違う!!」
っていう白ワイン、シャンパンに出会います。

そんな白ワインはこれ!!

「ピュリニー・モンラッシェ」

このワインは芦屋でランチしているときに飲んだんです。

友人と興奮して、大丸のエノテカに売ってないか見に行きました。
(でも当時大学生だったので、値段を見てあえなく帰宅。8,000円くらいでした。)

香りだけで幸せになれるシャンパン

「アンリ・ジロー(アンリ・ジロ)」

このシャンパンは禁酒期間中だったので、
香りとほんの少しだけいただきました。

その時の香りは本当に鮮明に覚えています。

グラス1杯の値段もすごいけど、
シャンパンってあふれるような果実味たっぷりの香り。

(シャンパンってレストランやワインバーだと
グラスで1,500円くらいします。)

こんなワインを飲みつつ、
それでも年に数回しか飲まない飲みものだったのに。

1本の赤ワインに魅せられてワインの世界に!

この赤ワインを飲んで
一気にワインのスイッチが入りました。

「スターレーン」というカリフォルニアのワインです。

・グラスに入れたての香り
・料理との相性
・最後の1口のワインの香り

1杯のワインで3度も夢見心地にしてくれました。

特に料理とワインがこんなにも添うようにぴたっと合うのは初めてだったし、
このワインの最後の香りはお花畑にいるかのような香りでした。

ワインでいうラストノートは「ブーケ」というんですが、
飲むのがもったいなくなるような素敵な香りでした。

ワインマンガの「神の雫」の世界はまだ見えませんが、
ワイン好きな人の中でも赤ワインが好きな人が多い理由は
ちょっとわかりました♪

そこからワインを飲む回数がぐーんと増えて
今に至ります。

美味しいワインを飲むといつも発見する!

ワインをたくさん飲むと、
1本1本の個性が見えてきます。

私も最初は

「食事に合うか、合わないか」
「おいしい、好みじゃない」
「甘い、渋い、酸っぱい」

こんな表現でした。

でもだんだんワインを表す語彙が増えてくると

「シャンパンから柑橘系の香りがする!」

とか

「水みたいにキリっとしてて飲みやすい白ワインだ!」

こんなかんじで、わかってくるようになります。

最終的にたどり着くところは・・・

キャー!!おいしい!!幸せ~♪

といいかんじに毎回出来上がります。

こうなったら甘口のワインの違いしかわかりません・・・

本質はただの酒好きです。笑

このブログに対する思い

「難しい言葉はよくわからないけど、
ワインのことはもっとよく知りたい!」

私が一番そう思ってました。

このブログは

・ワインのことをもっとわかりやすく
 説明したい!

・ワインを飲んで感動したり、
 幸せな気分をもっと共有したい!

・ワイン好きな人ともっと話したい♪

そんな思いで書いています。

私のブログを読んで
ワインが好きになってくれる人がもっと増えたらいいな♪

今度は私があなたのワインのスイッチを押しに行きます!!

更新情報は
右サイドバーの「いいね!」ボタン

を押していただくか
twitterでフォロー
していただければ届きます!!

一緒にワインにはまりましょうー!!

sponsored link
Return Top